合同会社設立

合同会社とは、余り聞かない言葉でしょう。どういった会社であるのか、ご説明致しましょう。

合同会社は平成18年度の会社法施行法に伴って新設された法人形態で出資した人だけで経営を行う会社です。すべての出資者は社員として定款に掲載されます。こういった合同会社は株式会社に比べますと、手続きや費用は少なくて済みますから、会社設立を急ぐ人には良いかしれません。合同会社の特徴をご説明致しますと、社員兼出資者1人でも設立可能なこと、そして、法人形態の知名度はまだ低いこと、所有と経営が分割していないこと、出資者は有限責任を負うこと、組織運営のルールを自由に決められること、設立費用が安いことが挙げられます。

株式会社と同様、このような合同会社設立に関しても、会計事務所の会社設立サービスを受けられます。この類のサービスは無料相談から始まり、最終的に税理士がビジネスパートナーとなる場合もあります。そういった良い出会いがこのようなきっかけからできるというのもなかなか良いものでしょう。

当サイトはこういった合同会社設立の際、会計事務所の会社設立サービスを利用することの利便性を追求致します。会計事務所の会社設立サービスの利用ありの上での合同会社設立のメリット、合同会社設立のデメリットをご説明致します。合同会社にご興味のある皆様、これから設立をお考えの皆様、ご参考になさって下さい。当サイトは、皆様のお役に立てるような情報を分かりやすくご提供致します。こういった情報が皆様のお役に立てれば、幸いでございます。